ディボーションの友

1/55ページ

≪デボーションの友≫2022/10/3-8

2022/10/3(月) 担当 高谷清師 ガラ 3:22-25 聖歌(総)636  聖歌598  信仰が現れるより以前の状態についてパウロは「わたしたちは律法の下で監視され、この信仰が啓示されるようになるまで閉じ込められていました。こうして律法は、わたしたちをキリストのもとへ導く養育係とな […]

≪デボーションの友≫2022/9/26-10/1

2022/9/26(月) 担当 高谷清師 ガラ 3:21-22 聖歌(総)552  聖歌530  パウロは「それでは、律法は神の約束に反するものなのでしょうか。決してそうではない。万一、人を生かすことができる律法が与えられたとするなら、確かに人は律法によって義とされたでしょう。しかし、聖書 […]

≪デボーションの友≫2022/9/19-24

2022/9/19(月) 担当 高谷清師 ガラ 3:19-20 聖歌(総)631  聖歌592  「見えるかぎりの土地をすべて、わたしは永久にあなたとあなたの子孫―キリスト―に与える。」(創13:15)と語られた神の約束は「それから四百三十年後にできた律法が無効にして、その約束を反故にする […]

≪デボーションの友≫2022/9/12-17

2022/9/12(月) 担当 高谷清師 ガラ 3:15-17 聖歌(総)481  聖歌468  パウロは「アブラハムとその子孫に対して約束が告げられましたが、その際、多くの人を指して「子孫たちとに」とは言われず、一人の人を指して「あなたの子孫とに」と言われています。この「子孫」とは、キリ […]

≪デボーションの友≫2022/9/5-10

2022/9/5(月) 担当 高谷清師 ガラ 3:14 聖歌(総)476  聖歌463  「キリストがわたしたちのために呪いとなって、わたしたちを律法の呪いから贖い出してくださったのは「アブラハムに与えられた祝福が、キリスト・イエスにおいて異邦人に及ぶためである」と述べたパウロは、更に「わ […]

≪デボーションの友≫2022/8/29-9/3

2022/8/29(月) 担当 高谷清師 ガラ 3:13 聖歌(総)398  聖歌398  パウロは「キリストは、わたしたちのために呪いとなって、わたしたちを律法の呪いから贖い出してくださいました。」と述べる。この箇所についてヘルマン・ウォルフガング・バイヤーは 「キリストは律法の支配する […]

≪デボーションの友≫2022/8/22-27

2022/8/22(月) 担当 高谷清師 ガラ 3:10-12 聖歌539  新聖歌 282  パウロは「この律法の言葉を守り行わない者は呪われる。」(申 27:26)と言う御言葉を引用して「律法の実行に頼る者はだれでも、呪われています」と述べる。この箇所についてヘルマン・ウォルフガング・ […]

≪デボーションの友≫2022/8/15-20

2022/8/15(月) 担当 高谷清師 ガラ 3:7-9 聖歌(総)562  聖歌 540  パウロは「アブラムは主を信じた。主はそれを彼の義と認められた。」(創15:6)と言う御言葉を引用して「信仰によって生きる人々こそ、アブラハムの子であるとわきまえなさい。」と語る。アブラハムが神に […]

≪デボーションの友≫ 2022/8/8-13

2022/8/8(月) 担当 高谷清師 ガラ 3:1-5 聖歌(総)569  聖歌 545  パウロは「あれほどのことを体験したのは、無駄だったのでしょうか。」と問う。この箇所について佐竹明師は 「協会訳(口語訳)は「あれほど大きな経験をしたことは」と訳す。しかし、原文では経験の対象の「大 […]

≪デボーションの友≫2022/8/1-6

2022/8/1(月) 担当 高谷清師 ガラ 3:1-5 聖歌(総)653  聖歌 608  パウロは「あなたがたにこれだけは聞いておきたい。」と語り「あなたがたが霊を受けたのは、律法を行ったからですか。それとも、信仰に聞き従ったからですか。」即ち、「あなた方が救いの恵みに与ったのは律法を […]

1 55